スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スポーツ塾』 刺激からの反応

1月25日(月)

今日は、朝4時におきて、NFLのAFCチャンピオンシップを観戦。
我が「JETS」がコルツに敗れ朝からテンションダウンでしたが、

夕方、子ども達の元気な顔をみて私もすっかり元気になりました。




ということで、いつものように、キャッチボールからスタート。



そして、埼玉帰りの坂本コーチ。
SAQシンポジュームからの勢いをそのままみんなにぶつけてくれました。


見るからの反応でした
二人一組に別れ、ひとりがボールを二つ、右手と左手に持ってどちらか一つを落とす。
それを向かい合って立っているもう一人がすぐキャッチするトレーニング。


その後難易度を上げて、落とすほうの人は手を広げ、キャッチするほうの視野角を
広げて同じようにやりました。
どうしても、顔が動いてボールをとりにいってしまうので若干遅れている。とのコーチの指摘。

家でも簡単にできるトレーニングなので、ともだちとやってみてもいいかも。


続いて、昨日の試験がちょっと…。落ち込んでいる鉾の原コーチ。

坂本コーチが、目からの刺激なら、私は耳からの刺激よ。ということでした。



はじめは、コーチが「果物」の名前をいったらスタートして、ダッシュしてボールを取るトレーニング。
前にも何度かやったことのあるトレーニングでした。

前回もそうでしたが、「ブロッコリー」を果物だと思ってダッシュした子がいました。

また、なれてきたら、ヤマをはる子も出てきました。
そういえば、3回目くらいには必ず果物の名前をいっていましたね。コーチ。



ところで、先日のクリニックでも話が出ていましたが。
見る」そして「判断」する動作て難しいですね。
サッカー、バスケ、ラグビーをはじめ、さまざまなスポーツで必要な能力ですね。

坂本コーチ、鉾の原コーチ。これからもよろしくお願いします。



春日のおはらでした。







スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

プロフィール
CalendArchive
ブログ内を検索する
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
FC2カウンター
TrendMatch
おすすめサイト
アフィリエイト・SEO対策
Amazonへ
QRコード
QRコード
ご連絡・お問い合わせはこちらから
各種イベント・講習会等のお問い合わせはこちらからのメールで。

名前:
メール:
件名:
本文:

カテゴリ
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。